日本の食と酒 - 吉田元

日本の食と酒

Add: ypatebe57 - Date: 2020-12-06 05:22:18 - Views: 5032 - Clicks: 848

吉田 元 1947年京都市生まれ。京都大学農学部卒業。農学博士(京都大学)。種智院大学教授を経て、現在同大学名誉教授。専門は発酵醸造学、日本科学技術史、食文化史。 著書に『日本の食と酒─―中世末の発酵技術を中心に』(人文書院、1991年。. 『日本の食と酒 - 吉田元 - 教育・教養』の電子書籍ならシャープのcocoro books。スマホ、タブレット、pcで読める。お得なポイントと安心のネット書庫管理。. 日本の食と酒 : 中世末の発酵技術を中心に, 吉田元著, 人文書院, 2,266円, 1991年9月発行 著者 (creator) 橋本,慶子 掲載雑誌名 (publicationName) 日本家政学会誌 掲載巻号 (publicationVolume) 43(5) ページ (pageRange) 476 出版地 (publicationPlace) 日本 出版者 (publisher) 日本家政学会. 日本の食と酒 - 吉田元/〔著〕 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 【銀行振込不可】。【新品】【本】日本の食と酒 吉田元/〔著〕.

人文・思想・社会 / 文庫. 「日本の古本屋」では、書籍ごとの基本情報を「書誌カタログ」にまとめております。 書誌カタログからは欲しい本のリクエストが可能です。 お探しの本が「日本の古本屋」に追加された場合に自動通知をお送りさせていただきます。. Amazonで吉田 元の日本の食と酒 (講談社学術文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。吉田 元作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

吉田 元 | 年01月11日頃発売 | 日本人は何を食べていたのか。本書は京都・山科家の日記や奈良・興福寺の文書をひもとくことで、中世の公家と僧侶の食生活を再現し、その背景をなす製法の歴史へと接近する。中世から近世にかけて日本酒としてのかたちを整えていく酒。醤(醤油)、味噌. 本ページでご紹介している、日本酒関係の話題を。 今月の読本「日本の酒」(坂口謹一郎 岩波文庫)日本酒入門の名著; 今月の読本「日本の食と酒」(吉田元 講談社学術文庫)三つの名著が誘う日本食の玄関へ; ちょっと諏訪のお酒の話など(普段呑み限定). 講談社学術文庫 2216。日本の食と酒/吉田元【1000円以上送料無料】. 日本人と飲酒 (特集 酒と食) -- (酒と食の考現学) 吉田 元. 吉田元『日本の食と酒』 日本の食と酒 - 吉田元 読書 歴史 昨晩はこの辺りでも雪が降り積もりどうなることかと思ったが、朝起きたら雨に変わっており、電車も無事動いていたため、予定通りお座敷に出かける。. 日本人の食。その原型は中世末にかたちづくられていた。本書は京都・山科家の日記や奈良・興福寺の文書をひもとくことで中世の公家と僧侶の食生活を再現する。中世から近世にかけて“日本酒”としてのかたちを整えていく酒。日本食を最も特徴付ける醤油、味噌、納豆などの大豆発酵食品. 2; ページ数 258p ; サイズ b6; isbnx; 解説 isbn:x ; 発送ポリシー 登録書籍は店頭にはございません。倉庫で在庫管理しています。. 中世から近世にかけて“日本酒”としてのかたちを整えていく酒。日本食を最も特徴付ける醤油、味噌、納豆などの大豆発酵食品。発酵技術の歴史を跡付けることで、日本の食と酒の原点に迫る。 tポイントが使える、貯まる。.

日本の食と酒 - 吉田元 - 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める。. 日本人は何を食べていたのか。本書は京都・山科家の日記や奈良・興福寺の文書をひもとくことで、中世の公家と僧侶の食生活を再現し、その背景をなす製法の歴史へと接近する。中世から近世にかけて日本酒としてのかたちを整えていく酒。醤(醤油)、味噌、納豆といった大豆発酵食品. 吉田 元『日本の食と酒』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。.

中世の公家日記と寺院文書から食生活を再現し、酒、醤、味噌、納豆などの製法から発酵文化の歴史を跡付ける。これが日本食の原型だ! 【著者紹介】 吉田元 : 1947年、京都市生まれ。京都大学農学部水産学科卒業。. 京都 大垣書店オンライン | 日本の食と酒 / 吉田 元 日本の食と酒 / 吉田 元 京都 大垣書店オンライン - 通販 - PayPayモール このブラウザーでは、JavaScriptが無効になっているか、サポートされていないため、PayPayモールを利用できません。. 『日本の食と酒―中世末の発酵技術を中心に』(吉田元) のみんなのレビュー・感想ページです(2レビュー)。. Amazonで吉田 元の日本の食と酒 (講談社学術文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。吉田 元作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 「日本の食と酒」(吉田元)です。 本書は、表題にありますように日本食、そして日本の発酵食品の金字塔でもある日本酒、そして醤油と味噌についての歴史を著述した3部構成となっています。. 吉田元『日本の食と酒』(講談社学術文庫) 書名からは一般的な教養書の類を想起させられるが、中身はかなり対象と時代が絞られている。 実質、噛みごたえがある 歴史学 術書に近い。. ★★★★☆ タイトルに「日本」とあるが、大半は「日本中世の食と酒」であり、通史ではない。だが、日本酒、醤油、味噌など日本食の特色の一つでもある「発酵食品」は、そのほとんどが中世に製法が確立している。著者はその製法を、寺院の日記などから原材料の配合比率と合わせて.

日本の食と酒 (講談社学術文庫)/吉田 元(文庫:講談社学術文庫) - 中世から近世にかけて〈日本酒〉としてのかたちを整えていく酒。日本食を特徴付ける醬油、味噌、納豆などの大豆発酵食品。中世の公家日記や寺院文書を. 人文・思想・社会 / ノンフィクション. 日本の食と酒の電子書籍、吉田元の本の情報。未来屋書店が運営する電子書籍サービスmibonで日本の食と酒を購入すれば、ポイントが貯まります。mibon 電子書籍ではビジネス・資格の電子書籍 新刊・既刊や雑誌など約40万冊の本が購入できます。. 著者 吉田元 著 出版社 人文書院; 刊行年 平5. See more videos for 日本の食と酒 - 吉田元. 日本の食と酒 (講談社学術文庫) 著者 吉田 元 4 5つ星のうち 1 カスタマーレビュー ダウンロード日本の食と酒 (講談社学術文庫) Ebook 吉田 元内容紹介日本人は何を食べていたのか。. 漫画全巻ドットコムで販売している、「日本の食と酒 吉田元」の商品一覧。. 楽天Koboで吉田元の "日本の食と酒"をお読みいただけます。 日本人は何を食べていたのか。本書は京都・山科家の日記や奈良・興福寺の文書をひもとくことで、中世の公家と僧侶の食生活を再現し、その背景をなす製法の歴史へと接近する。.

Vesta = 食文化誌ヴェスタ : 食文化を楽しむ一冊 (106), 20-23,.

日本の食と酒 - 吉田元

email: uwofe@gmail.com - phone:(410) 759-9547 x 4368

乳幼児の栄養と食生活指導 - 中原澄男 - Jimny SSC出版

-> 教育測定学 上巻 - ロバ-ト・L.リン
-> 読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。 - 島田貴史

日本の食と酒 - 吉田元 - 奈須正裕 学ぶ意欲を育てる


Sitemap 1

吹替映画大事典 - とり・みき - 二人の旅芸人